忍者ブログ
Daily life of papillon Fubuki&Arashi.
02≪ 2017.03|12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫04
2012/10/01 (Mon)

このノートは、風ちゃんの介護日誌です。

自力で立てなくなってから旅立つさいごの日まで…風ちゃんの頑張った記録であり、
ママと風ちゃんとの1ヶ月と13日間の思い出の記録でもあります。

この1ヶ月と13日は、風ちゃんと過ごして来た中でも一番濃密で、充実した時間でした。

まだまだこれからも介護が続くと思って、2冊目3冊目のノートも準備していたのに…

日誌には、風ちゃんの行動と様子を全て時系列で記録していたので、必ず時計を
見るのがクセになっていて、風ちゃんが旅立った今でもつい時計に目が行ってしまいます。

風ちゃんが旅立って10日が過ぎましたが、そのうち2回、夜中に目が覚めると、
なんとパパも同じ時間に同時に目が覚めていた…と言うことがありました。

時計を見ると1時24分…

実は、風ちゃんが息を引き取ったと気付いた時に指していた時間。

風ちゃん、何か知らせたいことがあるのかな…


今日は、風ちゃんのさいごの闘病記を記録しておきたいと思います。

とても長くなりますので、お時間のある時に読んでいただければと思いますm(__)m


8月9日に前足が立てなくなってからも食欲(食べたい気持ち)は旺盛で、
自分で動きたがったりと、ある程度元気もあった風ちゃん。

いつかはまた自力で立てる日が来ると信じて治療も頑張っていたし、思うように
動けないストレスもあったろうに笑顔を絶やさず、ママの手作りごはんもモリモリ
食べてくれていました。

日誌を見ると、やはり9月12日(水曜日)から3日続けてひきつけを起こしたあたりから
徐々に食欲がなくなって、同時に後ろ足も立てなくなって、排泄もうまく出来なくなって…

夜鳴きも始まったのでした。

1回目のひきつけの時点で、通院していた“アッチの病院”に電話したところ、何度も
繰り返していないようなら様子を見るようにとの指示でした。

そしてその翌日から次の月曜日まで長期の休診に入ったのでした。

なので9月14日(金曜日)2回目のひきつけが起きた翌日に近所の病院を受診。

ステロイドを処方されとりあえずこれで落ち着くと安心した後、もう一度ひきつけ…

その後ひきつけは落ち着いたのでした。でも、

なかなかチッコが出ないため9月16日(日曜日)再度 同じ病院へ行きます。

この時点で、食欲があまりないことなども伝えているのですが、特に何も検査せず…

夜鳴きの相談もしたのでそちらがメインになってしまったんですね。

今思えばこの時ムリに検査をお願いしていればもしかして少しは違っていたのかも!

と言う後悔が襲います(;_;) 

この時点では、ちゃんとウンチ(チッコ)が出てないから食欲が出ないのかな?
不快だから吠えるのかな?なんて考えていた部分もあって、とにかく

なんとか排泄を!!と、そっちに必死だったのです。

病院で「3日出なければ下剤を…」と下剤を処方されたのですが、その日帰ってから
ママの膝にいる時に自然に少し出たし、結局その後も下剤は一度も使いませんでした。

お薬にはやはり抵抗があったので、そこは今も飲ませなくて良かった…と思ってます。

9月17日(月曜日)この日は近所の病院も休診日。

パパが注入器を買って来てくれたので、ごはんをペースト状にして舌に乗せてやると
ムニャムニャと食べてくれました。

きっとすでに起きているのもしんどかったと思うのに、ママに心配させないために
頑張って食べてくれていたのかな…と。


そしてチッコも、圧迫してもその場ではしてくれず、じゃぁお外(ベランダ)行く?っと
ハーネスを装着し始めると なんだか嬉しそうな息遣いになるのがわかるんです。

室内のトイレをイヤがるように吠え吠えした後、お外に連れ出すと途端に静かに
なっていた…やっぱりお外がいいのかな?と言う印象でした。

土曜日あたりから、後ろ足もバランスを崩すようになっていたのですが…

こんな状態でも“たった”して(自分で立った状態で)チッコをしたいと言う強い拘りを
持っていたのでしょうか。お外に出ればチッコが出る…そんなことが何度もありました。

出ないことの方が増えて行ったのですけどね…

今思えば、もう立つこともままならなかったのに、ママはかなりムリをさせてしまったと…

ガマンしたら尿毒症が怖いので、本当になんとかチッコして欲しかった。

そしてクルクル回ってチッコすると言う拘りも、なんとか叶えさせてあげたかった。

いや、そんなのはただの言い訳…

風ちゃんは、ママの期待にこたえようとして、本当に必死だったに違いありません。

結局チッコが出なくてママに抱き上げられくったりする風ちゃん…

そんな健気な風ちゃんを見てもママは「もう頑張らなくていいよ」とは言えなかった。

しっかりチッコしてウンチして、そしてまた食欲復活して…

まだまだ一緒にいて欲しかったから。

チッコが出なくても毎回、「頑張ったね~偉かった!またあとで来てみよな!」って、
次も頑張らせようとしてしまってた。

そのことを思い返すたびに胸が締め付けられて、風ちゃんに申し訳なくて。

ごめんね。ごめんね風ちゃん!!!しんどかったよね。

ムリヤリたったさせたことを猛烈に後悔しています。


9月18日(火曜日)風ちゃんの変化についてブログ更新したところ、翌日9月19日(水)
同じような内容のメールとコメントを同時に拝見したことが、すぐに病院へ走るきっかけ
となりました。

『脱水症状』大丈夫?と言う内容。

今まで脱水症状を経験したことがなく、お水もいっぱい飲ませてるつもりだったため
脱水など考えてもみなかった。

すぐに検索して青ざめました…大いに思い当たるフシがあるのです。

風ちゃんの、口が渇いてる。両手両耳が冷たい。

今日気付いたのではない…何日前からだろう…2日前?3日前??あぁ…(>_<)

お水は、あっクンよりも飲ませていたはずなのですが、今思えばすでに衰弱が
始まっていて、水分などもうまく吸収できなくなっていたのではないかと…

その日の午後の診察に走りました!片道50分の、アッチの病院へ。

長期休診の間に風吹の変化についてメールしておいたら、休診明けの火曜日に返信が
来て「2~3日うちにご来院下さい」と ひと言。なら金曜日でいいや~とか思ってました。

本当はママの体調的に結構しんどい感じだったもので…でもそんなのどうでもいい
くらい風ちゃんのことが心配で、少しでも早く今の状態からラクにしてあげたかった。


翌日が休診日だと思い込んでいたせいもあって、夕方の混雑も物ともせず寝不足も
なんのそので運転して行けたのかなと思います。(でも実は翌日休診ではなかった)

同じ考えの方がいっぱいで、午後イチに合わせて行ったはずが病院はすでに満員!

待ち時間のなんと長いことか。

でもその待ち時間に、風ちゃんを5秒だけ地面に降ろしたら、なんとすぐにチッコを
してくれたのですよ。またママを喜ばせてくれた!

あとは風ちゃん、寝てました。

ようやく風ちゃんの番。先生、風ちゃんの状態を見てすぐに
「ひきつけの時に血液検査しましたか?」と訊かれました。

してませんと応えるとすぐに血液検査。

その待ち時間に今度はバッグの中でウンチが出て吠えて大騒ぎしたんだけど、
ママはまた密かに喜んだのでした。

検査結果を見て先生「風吹ちゃんに大変なことが起こってます」と言われました。

白血球数が高値で、貧血、脱水を起こし体温も下がってかなり弱っていると…

白血球が上昇した原因を更に調べてもらうと、何らかの細菌による感染症を起こしている
と判明。すぐに抗生剤の注射2本と電解質など点滴による治療が始まりました。

経口による投薬は風ちゃんの負担になるから避けましょうと、今飲んでいるお薬類全て
(レメディ、漢方薬はもちろんステロイドもそのせいで血糖値が上昇しているので即中止)
中断するようにと言われました。

毎日注射と点滴に通って状態が落ち着いたところで内服に切り替えましょう…と。

ただ、入院と言われなかった時点で少し安心した部分もありました。

そこまで緊急な状態じゃないんだと思って…。

血検の結果は肝臓の数値も高かったのですが、前回、最後に検査した時の数値より
実はずいぶん下がっていたんですよね。

ママの手作りごはんで悪化してたらどうしようと思ってたのでそこはホッとしたのでした。

食事は流動食になりました。少量で栄養がしっかり摂れるけれど、給与量関係なく
好きなだけ食べさせていいと言われましたが初日はなんとか最低限の量程度のみ…

その夜も20分~1時間おきに吠えて起こされました。

点滴の水分がチッコになって出て来るんですよね。

トイレシーツを敷いて寝かせていたので、交換のタイミングを風ちゃんが教えて
くれていたように思います。吠えるので見たらチッコ出てたし…

一晩で7~8回シーツを交換して、そのたびに、冷やさないようにお腹周りもキレイに
拭き拭きして…体温下がってるので常に毛布で保温していました。

お手手が温かいかどうか確認も兼ねて、ずっと握って寝てましたよ(正確には寝れて
いないので横になっていただけですが)


9月20日(木曜日)午前中2回目の点滴に行きました。

片道50分の道のりが、風ちゃんに負担だったのではないかと、そこも後悔ポイントです。

初日も帰り道はとにかくず~っと吠え吠えしてました。

点滴で、背中に入れた水分が不快だった?…振動で痛かった?

ママはただ、片手でさすってあげることしか出来なかった。

2日目、行きは熟睡。帰りは前半寝ていたのですがあと15分ってとこから吠え吠え…

帰宅後も多少は吠えていましたが、ウンチが出てすっきりしたあとは、なんとも久しぶりに
ものすごく良く眠れたようでした。

ちょこちょこ起きるのですが吠えません。起きるたびにシリンジでお水を入れてあげる
のですが、イヤがらず良く飲んでくれました。

流動食もお昼には8ccも食べて(飲んで)くれて!明日は先生にいっぱい食べましたって
報告しないとね~~って思ったのでした。

夜にパパが帰宅して、今日あんまり吠えてないと話していたら…7時間ぶりに吠え吠え!

昼間にたっぷり寝たから、また今夜も夜鳴きするかもね~(´ω`)なんて笑ったりして…

いくらでも吠えていいよ。ちゃんとご近所にも挨拶まわりしてご理解いただいたし、皆さん
聞こえませんよ~気にしないで下さいね!って言って下さったから~

…その2時間後に、まさか風ちゃんとのお別れが迫っているとは夢にも思わずに。

9月21日(金曜日)に日付が変わって0時13分。

吠えるので見るとチッコ出てたのでシーツ交換してキレイに拭き拭き。

お水を14ccも飲んでくれました。

0時40分。また吠えるので見たけどチッコはほとんど出ていない…

お水をあげると6cc飲んでくれました。そしてまたスーッと寝入ったので、
風ちゃんが寝た間にママも少しでも寝ようかね~っと横になり消灯…

慢性的に寝不足なので、風ちゃんが吠えて起こさなければそのまま寝落ちて
朝まで起きないところだったでしょう。

でも、睡魔に襲われ意識が飛びかけたところでふと「あ、風ちゃんのシーツ
交換しないと!」っと感じて起き上がり風ちゃんを見たら…

息してないっ!!毎日毎時見て来た風ちゃんのお顔だから、寝てるのと違うって
すぐにわかった。だけどそんなまさか!信じたくない!

とっさに見た時計は1時24分。

風ちゃん?風ちゃん!風ちゃんっ!!!

すぐに抱き上げると、まだとても温かくて柔らかくて…

寝てるだけとしか思えなかった。

少しも苦しんだ形跡はありませんでした。

本当に眠りながら静かに逝ってしまったようです。

さいごに吠えて起こしてくれたのは、きっとお別れが近いことを報せていたのですね。

さいごまで優しい子でした。パパもいる時間を選んで…。

でもまさかこんな風に逝ってしまうなんて…信じたくないよ。

ママの腕の中で撫でながら、少しずつ体温が消えていくのがわかりました。

ちゃんと、聞こえているはずだから言わないと!

何度言っても足りないくらい いっぱいの「ありがとう」と「大好き」を。


さいごにたっぷりのチッコをしてくれてた。ママが喜ぶから?

お湯で絞ったタオルで、きれいにきれいに丁寧に体を拭いてブラッシングして…

オトコマエになったよって言いながらまた泣き笑い。

夜が明けてもお昼になっても涙は止まらず、泣き腫らしたままの顔でお花とお線香を
買いに出掛けたのでした…


わんこは自分で最期のときを決めると聞いたことがありますが、風ちゃんもきっと
自分でこの日と決めたのかなと思います。男らしく高いプライドを持ったまま。

そしてこれ以上ママがしんどくならないようにと、長引かせることなく…。

本当に優しい親孝行な子。 常々最期は穏やかにと願ったとおり、静かに眠るように…

爽やかな秋風が吹く気持ちのいい日に。 …翌日は雨でしたからね。

そして、数日後にはパパが出張で4日間も留守にする予定だったのですよ。

ママひとりの時だったらと考えると…もう…。

病院に、風ちゃんのことを報せると「かなり弱ってましたからね…脳をやられて
しまったのでしょう」とのことでした。元々水頭症で弱かったはずですからね…


あの時こうしていればああしていればと後悔することもありますが、遅かれ早かれ
結果は同じだったと思う。パパも同じこと言ってくれてます。

そして後悔ばかり繰り返す気持ちから、いつの間にか思い出されるのは
風ちゃんの笑顔と楽しかった思い出ばかり…

時々どうしようもない寂しさに飲まれそうになるけれど、その大波からいつも救い出して
くれるのは…そう、あっクン(´ー`)

風ちゃんが残してくれた宝物のお陰で、どん底まで沈むことなく笑って過ごせています。

さいごの1ヶ月と13日はママ達にある程度の覚悟をさせるために、風ちゃんが与えて
くれた猶予期間だったのですね。

風ちゃんありがとう。ありがとう。そしてお疲れさま。本当に良く頑張ってくれたね。

さいごの日まで毎日、風ちゃんを抱っこしながら「ありがとう、大好きだよ」って
言えて良かった♪


風ちゃんがひきつけを起こしてから(夜鳴きが始まってから)は、結局さいごまで
カメラを向ける機会がありませんでした。

一番最後の写真はどれだろうとさかのぼって見ましたら、


風ちゃん…笑ってました(ノ∇・、)

ママもね、風ちゃんにはママの笑った顔を覚えていて欲しくて、風ちゃんと目が合った
時は必ず意識して笑うようにしてたんだ。

でも寝不足でやさぐれてる時なんかはきっと上手に笑えてなかったね…

風ちゃん、ちゃんとママの笑顔、覚えていてくれたかな。


ママは風ちゃんの笑顔しか思い出せないよ。あ、時々天吠えのへの字口も思い出すかなw


※長い文章を、最後まで読んで下さってありがとうございましたm(__)m

PR
2012/09/18 (Tue)
前回ブログを更新してからほんの数日の間に、風ちゃんにいろんな変化がありました。

良い変化ならばすぐにお伝えできたかもしれません…

いろいろ過ぎて何からお伝えしたら良いのか…

まず前回ご心配をお掛けしていたひきつけについてですが、結局あれから3日続けて
発作が起きてしまい、2日目の時点で病院へ行ってきました。

片道50分のアッチの病院は月曜まで休診だったので近くの病院ですね。

目の方も目薬を変えた途端に黄色い目ヤニが出だして、傷自体もなんだか
ひどくなった気がしたのでそちらも一緒に診ていただきました。

やはり傷は悪化しており(目薬の防腐剤に敏感に反応してしまったようです)
元の3種類(防腐剤なし)の目薬に戻し点眼中です。

黄色い目ヤニはすぐに薄くなりましたが、まだたまに出ているし、傷が痛々しいです。

目のことも併せ、ひきつけへの対処としてステロイド剤を一週間服用中です。

その後は今のところ発作は出ていません。


その発作が続いた時期と同時期から徐々に後ろ足も立てなくなってしまい、
トイレに立たせようとしてもふにゃん…っと崩れ落ちてしまいます。

また吠え吠えが激しくなり、そのままなんと夜鳴きも始まってしまいました。

夜昼問わず、目が覚めると甲高い声で何やら訴え始めるのです。

最初は「今日はよく吠えるなぁ…」と言う印象から始まりました。

ウンチョス出てないから気持ち悪いのかな?程度に考えていたのですが…

どうやら『夜鳴き』ではなかろうかと…3日目くらいに気付きました。

そんな感じで寝不足に拍車がかかってしまいました(;_;)


夜鳴きが始まる直前の風ちゃん。

食欲も落ちて大好きなボーロにもヨーグルトにもあまり反応しなくなってしまいました。

なのでお薬をあげるのも一苦労…

ごはんも食べてくれないので体重も落ちる一方で心配で心配で。

パパが“注入器”なるものを買って来てくれたので、今はごはんをペースト状にして
注入器で舌に乗せてやって時間をかけてムリヤリ食べさせている状態です。

それでも半量がやっと…3分の2食べたら拍手もの!


そして排泄の間隔も長くなってしまい、チッコを最大22時間もしてくれない日もあって
(ウンチョスも丸1日以上出なかったりで)日曜日にまた病院へ…。

チッコはポタポタと出てはいたのですがやはり心配ですからね。

今後のためにも膀胱の場所や圧迫排尿の方法を教わってきました。

排便に関しては3日出なければ飲ませて下さいと下剤をいただきました。

その日のお昼にごはん食べながら出たのを最後にいまだお通じなしです。

立てずに踏ん張りきれないので刺激しながら自然に出るのを待つしかなく…

明日出なかったら下剤かなぁ…(´`;)

寝不足がつらくて夜鳴きのことも相談したところ、副作用のない睡眠導入剤を
処方してもらい試したのですが、効果なし(;´д` )

効果なかったら返金しますと言われていたので最初からあまり期待してなかったけど。


圧迫排尿と言いますか、膀胱の辺りを刺激するやり方なのですが、これがね~
チッコの前(ウンチョスの前も)クルクル回ると言うこだわりを捨てきれない風ちゃん。

刺激されてモヨオスらしく回ろうとするのですよ。

ママが支えるリードに吊るされた状態になってしまうだけなのに…

ママもなんとか回らせてあげようと操り人形師みたいに頑張るのだけど難しい。

立てないアンヨで懸命に回ろうとしてはうまく行かず…結果またガマンに(´ε`;)

圧迫されて素直に出してくれたらいいのに…私のやり方がヘタクソなのか…。

少しはポタポタと絞れてはいるのですが、ママが期待する勢い良く「ジャーっ」とは
まだ3回しか成功していないのですよ…

しかもそれ、風ちゃんが頑張ってクルクル回って出来たこと。

ただ病院では、ポタポタ出ているお陰でチッコも膀胱にそんなに溜まってない
ですよと言われました。

尿毒症、コワいですからね。ポタポタでもとにかく出さなくては!!

いっそ前みたいにおもらししてくれた方がどんなにラクで安心でしょう。

風ちゃんお願いだから無理とガマンをしないで!!!

トイレに立たせた後は疲労困憊でクッタリと寝入ってしまう風ちゃん(ごはんの後もそう)

なんだか段々弱って行くようでママはとてもとても不安で心配です。


休診中にアッチの病院にメールしておいたら「2~3日うちにご来院下さい」との返信。

3日以内に行ってきます!(木曜は休診なので恐らく金曜になるかと)


ママのオアシスなのに、たくさん構ってあげられないのがツライです…


2012/09/12 (Wed)
風ちゃんとの新しい生活リズムにもずいぶんと慣れてきましたが…

この子がまぁ夜中1時間~2時間おきに起きる子で!!

なかなか寝ない時は必ずチッコかウンチョスかをモヨオシている時なので
排泄が済めば寝てくれるのですが、これが簡単ではありませんで…

うまく立てないせいで余計な部分にまでチカラ入っちゃって、結果
ガマンしちゃうってこともしょっちゅう。

ハーネスで支えられたままクルクル回ってタイミングをはかるのですが、
すぐに足裏を擦りむいちゃうのであまり長く時間をかけられません。

それにすぐ疲れちゃうのでガマンしたまま寝ちゃうんですよ。

ガマンしたままと言うことは、またすぐに起きるわけで…それで1~2時間おき。

ママの睡眠時間トータルで4時間あればいい方。

このところ“夜中ウンチョス”のサイクルにハマってしまっててトータル2時間も寝れて
おらず、寝れない深夜にイライラとやさぐれている今日この頃…(´ε`;)

大好きな嵐の曲に元気をもらったり、α派オルゴールのCDに癒してもらったりして
なんとか乗り越えているところでございます(あとビタミン剤に栄養ドリンクとかw)

パパのいびきがイライラを加速させとるんだ。いつか蹴飛ばすかも(-ω- )



そんなある日の昼下がり…

風ちゃんが寝ている隙にお昼寝しようと横になったところ、視界に入った窓外の
街灯に釘付けになってしまいました。


なんかデカイ鳥がいる…(視力悪いのでそう見えた)

しばらく眺めていましたがなかなか飛び立つ気配もない。

そこでイチデジのレンズを望遠に替えて覗いてみると…

1羽のデカイ鳥に見えていたのは実は2羽のカラスだったのですよ。


まるでポーズをとるかのように次々とフォーメーションを変えて行くカラス。

私がカメラで狙ってたのを知ってたのか?(゜∀゜)まさかね。

そんなカラスにまで和みを感じてしまってます。


実は今日、風ちゃんがひきつけを起こしてしまいました(午後3時頃でした)

寝起きに頭をのけぞらせ、両手を突っ張って硬直しているのですよ。

ビックリして抱き起こし、あっ!硬直している!と実感した次第。

1分ほどで体の力が抜けて行き、落ち着いたのがわかりました。

今日は近所の病院が休診日…

片道50分のアッチの病院は、今日は午後の診察が4時から。

これまでの経験から特に病院に走る必要はないと思ったのですが、風ちゃんも
こんな弱っている時だし心配で心配で(´`;)

診察時間を待って電話したところ、今は落ち着いているし発作を繰り返して
いないならこのまま様子を見て大丈夫とのこと。

明日から長期で休診に入ってしまうそうで、発作を繰り返すようなら近所の病院で
対処してもらうか夜間なら救急病院へ行くようにとの指示でした。

電話しただけで何の治療も受けていないのに不思議と安心できるものですね…

でも電話で指示をもらうまでは不安で時間が長く感じました。

そんな中ですよ。


目の前で繰り広げられるあっクンワールド!!(゚m゚*)プッ


風ちゃんが大変なのにアナタ、えらく楽しそうですね。

でもね、あっクンがいつも通り笑ってくれてたから


なんだか大丈夫!!って思えて心強かったよ(´ー`)

あっクンのマイペースにはほんっと癒されてます!!(それも早く更新しなくちゃねw)

そうそう、新たな目薬に替えてから、黄色い目ヤニが出だした風ちゃん…

そのこともお尋ねしたところ、膿性の目ヤニだそうで、これもしばらく様子を
見るようにとのこと。薄くなってくるようならこのまま点眼を続けて大丈夫。

とのことでした。少しだけ薄く(たまに透明にも)なった気がしていたので、
このままゆっくりでも治まってくれたらと思います。

また発作が起きやしないかとちょっと不安…

今夜もまた長い夜が始まるのねん(*´3`)


風ちゃん、いろいろ頑張ってます!!ママも負けてられない!!!


2012/08/29 (Wed)

久しぶりに見る風ちゃんの『オスワリ』( *゚艸゚*)

回数が少ないのでたまたま偶然かもしれないけど、9日前から今日までに

ひょっこり自力で『オスワリ』できた瞬間を3~4回目撃しました!!!

たったそれだけのことだけど、自力で立てない風ちゃんが、ここまで
自分の体を持ち上げることがいかに大変か…

(*゚Д゚)すごいぞ風ちゃん!!!

あまりの嬉しさにカメラをとりに走る私。

「そのままっ!風ちゃんそのまま待ってねっ!!」とムチャぶりしながらw

カメラを向ける間に、見る見る崩れ落ちて行く。


ほんの2~3秒が限界。


あと、『フセ』の態勢から→両手を横に投げ出したゴロン寝 への寝返りも
出来るようになってます(当初は寝返り全くできませんでした)。

ただし、寝返りしたい時いつもってわけではありません。

それにそのゴロン寝からは自力で戻れないのでママの手が必要…

本人の意思とは裏腹にゴロンの態勢になってしまうこともしょっちゅうで、そんな時は
吠えてお知らせするか、ママが気付くまでひたすらもがいているのですよね(・ω・` )

これを回復と見て良いものか…ただ寝返りの要領を掴んだだけのようにも思えます。


割と早い段階からもぞもぞ体をズラしてズラして体の向きは変えていまして。

最近では少しだけ体を持ち上げられるようになったこともあって、気付くと
ベッドから転げ出て(はみ出して)もがいてたり、↓こんな風に


隙間にハマり込んで救助待ちってことも・・・

よ~く寝てるから今のうち!っとトイレやおフロに行ってたり洗濯物干してたり
するとこうなってたりするので目が離せません(^^;)

買い物が必要な時は近場のスーパーで超特急で済ませます(あとは休日のパパ任せ)

大抵はママの助けでホッとするのか黙って抱き起こさせてくれるのですが、


たまに怒られてます。助けてもらっといて怒るとか( ̄m ̄*)風ちゃんらしいや。

熟睡すると触っても全く気付かない風ちゃん。

たまにこっそり手をつないで寝てること、たぶん風ちゃんは知らないだろうな(´ω`)


ママが守るからね。

※そうそう!足裏の傷、クリーム塗ってたらいつの間にかキレ~イに消えてました(゚д゚)

2012/08/20 (Mon)
前回までの記事に、たくさんの励ましや応援コメント、情報やお気遣いのメール、
お電話を下さった皆さま本当にありがとうございます♪

ひとつひとつの言葉が心に響き、支えになっています(*'-'*)

ご心配いただいている風吹ですが、特に状態に変化もなく


食べて寝て出して、たまに騒いで(←主にごはん絡み)笑顔を見せてくれています。

ママはこの1週間で、特に何もしていないのに1.5kg減( *゚艸゚*) ホクホク。

ダイエットを意識してる時はなかなか減らなかった体重が、なんもしてないのに
勝手に減ってくれてますよ。

こまめに動いて、あとベランダで汗かいてるお陰でしょうかねぇw

この調子であと5~6kgばかり減らないかと期待しておりますよ。


さて4日前に、注文していた介護用の“ケアハーネス”が届きました。

ネットでいろいろ探して見比べて吟味して、風ちゃんにはコレだろうと思うものをポチ!


それがコチラ。

見た目よりも機能性を重視したつもり(…ですが可愛いので気に入ってますw)

期待のケアハーネス…さっそく使ってみると、思ってたのとなんか違う。

お散歩用ハーネスと比べればさすがの安定感なのですが~…

持ち手(リード)の部分が体と並行(タテ向き)なので、風ちゃんのバランスによっては
首部分だけに圧がかかって苦しい感じになってしまう。

それを避けるために、支えるママが微妙に力を加減する必要があるのですよ。

すんなり排泄してくれたらさほど問題はないのかもしれないけれど、風ちゃんの
タイミングにあわせて根気強く待つ間に、支える右手(腕)が軽く攣ることも(・ω・` )

せっかく購入したのに…何かうまい方法はないものか。

考えて思いついたのが↓コチラ。


違いがお分かりいただけますでしょうか。

持ち手をつなげるDカンの組み合わせを変えて、持ち手をタテではなくヨコ向きに
装着してみたのですよ。(胴が短い風ちゃんだから出来たワザ!)

これが風ちゃん&ママ的には大正解!!

不思議なのですが、この装着方法にするとママはほとんど力を入れることなく
風ちゃんが素晴らしい安定感で立ててしまうのです!

風ちゃんの気分によってはほんの1~2mなんだけど歩けたりo(*'o'*)o

もちろん、力はいらないとは言えママの補助は必要ですけどね。

もしや風ちゃん本人が回復してる??と勘違いしてお散歩用ハーネスに戻して
試してみましたら…途端にグラグラ不安定(-"-;)

やっぱり新しいハーネスの威力らしい。

でもね、横になってる風ちゃんの、寝返り補助にはお散歩用ハーネスの方が適してます。

なので昼間と夜でうまく使い分けるようにしています(^-^)


風ちゃんの介護生活には、このような補助アイテムのほかパパの協力も必要不可欠!

パパは細っこい風ちゃんの扱いが雑になるのが怖くて直接的な介助はできないの
ですが、その分、ママの代わりにお買い物行ったりごはんの準備をしたりと、出来る
部分で全面的に協力してくれています。

そして、あっクンもしっかりお手伝いしてくれているんですよね(´ω`)


本人全く気付いてないみたいだけど(^m^)

前回もチラッと書いたとおり、あっクンのマーキングが風ちゃんの排泄意欲の
良い刺激になっているようなんです。

クンクンとニオイを確認したのち すんなりと…

ガマンしてなかなか排泄してくれない時なんて、ホント助かるんですよね(´ー`)

風ちゃんたら、まだまだマーキング合戦してるつもりなんでしょうかねw


まぁ上書きと言っても場所的にかなりハズレてますけどもね( ̄m ̄*)


Copyright © F*A Labo。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
忍者ブログ [PR]
profile

風吹(1999.8.2 ♂)
オレ様なチビ父ちゃん。通称風ちゃん
2012年9月21日から虹の橋の住人


あらし(2001.5.9 ♂)
ビビリィだけど天然癒し系。通称あっクン 2016年1月~アジソン病と診断される。
new entries
comments
無題(返信済)
(03/21)
無題(返信済)
(03/19)
無題(返信済)
(03/06)
無題(返信済)
(02/25)
無題(返信済)
(02/22)
無題(返信済)
(02/04)
無題(返信済)
(02/04)
circle
search this site